ドローロック型青葉城西

  • 大会等で使用される青葉城西デッキの中では、最もスタンダードなタイプのデッキ。
  • 8弾 頂 及川 徹によるドローフェイズ禁止は、相手がブロックを選択すると効果が薄くなるため、ブロック主体のデッキとはやや相性が悪い。
  • 高打点のアタックを拾うのは苦手である。

よく使われるカード

8弾 頂 及川 徹
キーカードその1。デッキには5枚以上が投入され、サーブやトスで毎回のように出てくるような構築が多い。5点ドロー不可のサーブはサービスエースとなることもしばしば。
4弾 頂 岩泉 一
キーカードその2。アタックエリアから2ガッツを払うことで相手ターンのドロー・サーチ・回収を完全に禁止する。同一ターンに8弾 頂 及川 徹の能力を同時に起動するとドローフェイズの禁止が重複するが、打点を上げるため両方起動されることもある。
3弾 N 岩泉 一
アタック時に実質1ガッツ増やせるので、条件がうまく整えば4弾 頂 岩泉 一の能力を毎ターン起動することが可能になる。
11弾 R 及川 徹
先述の通り、試合終盤では能力の重複により8弾 頂 及川 徹の能力が効果的に働かないことがある。そのような場合に手札を捨てさせるこのカードの方が強力になる場合がある。
10弾 N 及川 徹
高確率で1枚ドローが発生するので、手札のアドバンテージを取ることができる。また、それ以上に強力なのが相手の手札を見る能力。4弾 頂 岩泉 一と併用することで次ターン(場合によってはその次まで)に相手が打つ手を読むことができ、「詰み」に持っていきやすくなる。
P-084 岩泉 一
強力な能力を持ち、2017年8月のMVP賞で登場した月から早速デッキに投入されているのが見られる。能力を使用した8弾 頂 及川 徹でトスした後にこのカードの能力を起動すると、相手はランダムに引いた4枚のみで最低6点のアタックを拾わなければならなくなる。
いつも通りでいい 俺に勝負させろ
及川徹のトスポイントを上げながら4弾 頂 岩泉 一3弾 N 岩泉 一を回収していき、連続して能力を起動できる。
信じてるぞキャプテン
手札枚数を減らさずレシーブポイントを上げられる。8弾 頂 及川 徹のサーブ時に使用してドロー不可6点サーブという使用法も。
信じてるよお前ら
信じてるぞキャプテンでは3年キャラが居ないと2枚ドローができないので、安定性を上げるためこちらが採用されることもある。
6弾 R 及川 徹
レシーブ強化のために数枚採用される。
8弾 R 松川 一静
レシーブ強化のために採用されることがある。
スターター4弾 国見 英
8弾 頂 及川 徹3弾 N 岩泉 一の能力を使用すると手札がどんどん減っていくため、それを補うために採用される。
8弾 N 渡 親治
レシーブ値5のベーシックなレシーバー。
P-032 金田一 勇太郎
ブロックデッキ対策に投入されることがある。
3弾 R 渡 親治
ブロックデッキ対策に投入されることがある。

コメント

コメントはありません。 Comments/ドローロック型青葉城西?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-27 (日) 21:06:14 (1073d)